安定感のある投資 | 投資をはじめたい人へ向けて知っていて欲しいこと
可愛い家

安定感のある投資

握手する人形

シニア層だけでなく、若年層の投資も増えています。

これまでは不動産投資はシニア層が賃貸収入を見込んでの投資として活用することが多く、購入物件も自宅から近辺の場所などで運用が多かったです。 しかし、近年ではシニア層だけでなく、20代や30代といった若年層でも不動産投資を始める方が増えています。投資方法も多様化し、不動産価格の差益による売買から賃貸収入の投資を行っています。中でも賃貸収入は長期的に安定した収入が見込めるとして注目されています。また、投資方法もマンションやアパートを一棟など複数の物件を同じところで購入するのではなく、様々なエリアで複数の物件を購入して不動産事業者に委託して運用するケースが多く、間取りもワンルームなどの単身者向けに貸し出す不動産投資が資金を抑えて始められるとして主流となっています。

不動産投資は増加が予測され、特に海外への注目が高まると考えられます。

今後の動向として不動産投資は増えることが予測されます。とりわけ、若い世代の投資が多くなり投資方法も賃貸収入の不動産投資が増加し、国内よりも海外へ移行が考えられます。 それはすでに東京オリンピックの開催により国内の不動産価格は上昇傾向にあり、始めるには多額に資金が必要になります。一方、海外は日本よりも物価が低く、安定した不動産価格を維持しています。さらに日本人が多く訪れる国に投資することで、物件を日本人に限定して貸し出すことができます。また、近年の海外への不動産投資の注目から日本の不動産事業者でも物件を取り扱っている場合が増えており、日本にいながらでも購入や管理が行えるため、今後も需要は増えると予測されます。