年齢に関係なくできる | 投資をはじめたい人へ向けて知っていて欲しいこと
可愛い家

年齢に関係なくできる

握手

公的年金と私設年金の両方があると安心

公的年金に対しては、うすうす不安を感じながらも具体的な対策をとれないままの方も多いでしょう。不安には思っていても、今の給料から新たに積立貯金をするのは大変でしょうし、利率などを考えれば大きく増やせるとは思えません。そして積立貯金では、年金と違って底があります。貯まっただけの金額を使いきれば終わりです。これでは、長生きすればするほど生活が困窮してしまいます。貯金するよりもっと安定した方法はないでしょうか。 それは公的年金以外に、私設年金を作ることです。年金であれば終わりはありません。毎月安定した金額が、ずっと入ってきます。しかしそのような、おいしい商品があるのでしょうか。あったとしても個人年金保険のように、掛け金が高いのではと思われるでしょう。 しかし、自己負担は少なく、老後にはリターンが大きい商品があります。それは不動産投資です。

不動産投資こそが老後の安定収入になる

不動産投資には、二つの方法があります。マンションなどを購入するときに資金を大きく投じて、当初から家賃収入を狙う方法があります。これとは逆に、自己資金はわずかに抑え、住宅ローンをフル活用してマンションを購入する方法があります。ローンが完済するまでは、家賃収入がローンの支払いで消えてしまいます。しかし節税効果もありますし、もともと少額の投資ですので損はしないでしょう。そしてローンが完済した後は、家賃収入が入ります。これが私設年金になります。ローンは入居者が払ってくれるようなものですから、いつの間にかローンが完済しているイメージです。そして完済後の家賃収入に終わりはありません。入居者さえ途切れなければ、ずっと続く私設年金です。そして、自分に万が一のことがあれば、家族に遺産として残すことができます。 ワンルームマンション1室だけでも、十分に私設年金になるでしょう。